薬指と小指のフィッティング

カテゴリー: Message:伝えたいこと


これまで、靴のフィッティングに関していろいろと書いてきました。

既製品の靴のフィッティングは、今後少し緩くなることを見込んで初めはややきつめが良いということ、足の左右で大きさが異なるようなときには、小さいほうの足に合わせてサイズを選ぶ事、部分的にきついという場合には、ストレッチャー液を使って靴を少しストレッチしてあげることなど、知っていれば失敗しないというようなことがたくさんあります。

オーダーメイドの靴に関しては、これは作り手がどのように考えているかによってフィッティングが異なりますが、基本的には靴はタイトに履くということに違いはないと思っています。

というのも、靴が緩くて靴の中で足が動いてしまうことは、足にも靴にも負担をかけてしまうことになり、決して良いことではないのです。

靴と足が無理なく一体化できることが好ましいことで、それを狙って様々な方法でフィッティングをしているのです。

なんとなくそのあたりはイメージしていただけると思うのですが、では実際にどれくらいのタイトさ、もしくはどれくらいのゆとりが必要なのかというと、一言で説明するのがちょっと難しくなります。

フィッティング

サンプルのサイドゴアブーツ、久しぶりの登場です。

この靴を例にとってご説明いたします。

たとえば、今日のタイトルの薬指と小指のフィッティングですが、ちょうどこのあたりにそれらの指が来ます。

フィッティング

トーパフ(つま先の芯)が終わってちょうど革が柔らかくなり始めるあたりなのですが、もし近くに靴があればちょっとこのあたりのライニングの状態を見てみてください。

理想の状態は、多少、もしくはもう少し強く足が当たって擦れた跡がある程度です。

この薬指と小指が当たる部分は、実は靴を履いて立っている状態ではそんなに強く当たらないのが理想で、多少触れている、もしくは外から確認して指が触れているのが分かる程度が理想になります。

では、なぜ「触れている」ではなく靴のライニングの状態はもっと強い表現の「当たっている」が良いのかというと、どうしても靴の中で足は歩くたびにわずかに前にずれてしまうもので、その際にこの部分が当たってしまうのです。

つまり、歩いていない状態では適度に触れていて、歩いた時には足がわずかに前に動く分だけ当たってその跡が残るというのが好ましいフィッティングになります。

ただ、ちょっと気を付けていただきたいのは、靴が大きすぎて隙間がありすぎる場合でも歩くと靴の中で足が暴れて薬指と小指がライニングに当たってしまうということが起こるので、よいフィッティングで当たっているのか、もしくは緩くて靴の中でずれて当たっているのかを判断するには、立っている状態でどれくらいのゆとりがあるかを確かめる方法で確認します。

緩いのなら問題ないように思えますが、実際には緩い靴で足が前にずれて靴の中で当たるのは、結構な力が足の薬指と小指に、もしくは場合によっては親指にかかってしまいますので、その結果として外反母趾や内反小趾というリスクが出てきます。

そんな理由で、きつい靴だけではなく緩い靴もお勧めできないのです。

足のジョイント部分がきついか否か、もしくは甲周りがきついか否かというのは、実際に靴を履いて靴ひもを締めてみるとなんとなくわかるのですが、薬指と小指の状態を確認することは目安が分からないこともあってなかなかできないのではないかと思います。

靴に関しては、大は小を兼ねません。

ぜひ、普段から足に合った靴をお選びください。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、2020年の4月18日のお知らせをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

期間&足数限定 出張計測費用かかりません☆プラン を試験的に実施します。

これは、新型コロナウィルスの影響で多くのお客様が靴のご注文のために私たちシューリパブリックの工房にお越しいただくのが難しくなってしっまったため、先にオンラインで打ち合わせをおこない、新型コロナウィルスが多少落ち着いたころにお客さまの元へお伺いし、足の計測をさせていただくというプランです。

今回は試験的に特別な費用はナシで実施させていただきます。

あまり頻繁に工房を空けられないので、足数が限定となります。
ご了承ください。

今のところ、お伺いするエリアは関東の一都六県を予定しておりますが、スケジュール的に都合がつけば多少遠くても行けることもありますので、ご興味をお持ちいただいたお客様は是非お問い合わせください。

福島や長野、新潟も比較的行きやすいので、場所によっては可能になります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 















   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ