アーカイブ

靴ヒモにまつわるアレコレ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


こちらは、私たちシューリパブリックの一番のおススメのギブソンブーツです。

靴ヒモ

普段から何気なく履いているギブソンブーツですが、このブーツはヒモのことひとつをとってもいろいろと考えられています。

たとえば、

靴ヒモ

シューリパブリックのギブソンブーツのヒモは、立てに7つあるアイレットのうちの一番上を通しません。

これは、あまり上まで締め付けてしまうと足首が固定されてしまって動きにくいためであり、

下から6つ目のアイレットまでで十分に足をホールドするように設計されているためです。

それなら、ブーツ自体の高さをアイレットひとつ分低くすればよいのではというご意見もあるかもしれませんが、

これはこれで必要なもので、この部分があるだけでブーツ自体の安定感がかなり変わります。

 

靴ヒモ

また、お客様から時々訊かれるのですが、ギブソンブーツのヒモの長さがちょっと長いのではないかという件に関して、

確かに5穴のギブソンシューズは820センチの靴ヒモを使っているのに対して、ギブソンブーツは7穴でひとつ使わないので6穴計算となりますが110センチの靴ヒモを使っています。

じつは実際にギブソンブーツを履いていただくとすぐにわかることで、

靴ヒモ

脱ぎ履きの際に、シューズはちょっとハネを広げればよいのでそれほど長い靴ヒモは必要ないのに対し、

ブーツの場合はシューズに比べて足が落ちにくいのでハネをやや大きめに広げる必要があり、

写真のよう広げるにはある程度のヒモの長さが必要になります。

ただ、あまり長すぎると邪魔になったり、歩いていてどこかに引っかかったりして危険ですので、最適と思われる110センチのものを使うことにいたしました。

 

そのほか、靴ヒモはあくまでも消耗品として考えておりまして、

なるべくアッパーにダメージを与えないことを優先しているためにそれほど丈夫な素材ではなく、

定期的に交換していただきたいと思います。

靴ヒモ

 

お知らせ

4月21日(土)には、大阪北堀江のRifare大阪店さんにて、恒例の「足の計測会&靴のオーダー会」のイベントを開催します。大阪近郊にお住いの方、ぜひいらしてください。

4月22日(日)には、神戸三宮のSUNさんにて、シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のオーダー会を開催いたします。神戸近郊の皆様、ぜひお越しください。

どのイベントも、オーダーするしないにかかわらず、靴に興味があるとか、靴のフィッティングに問題を抱えているとか、とにかく作り手である私たちに質問を投げかけたり、相談したりということも大歓迎です。
もしかしたら一緒に問題を解決ということになるかもしれませんが、何かしらお役に立てるのではないかと思います。
ぜひお気軽にお越しください。

15周年企画ギブソンブーツ

③シューリパブリック15周年記念モデルのオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ