オーダーメイド靴のユエン

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


先日ちょっとだけお知らせしたモゥブレィのステインクレンジングウォーターですが、まぁまぁな数が入荷しました。

ステインクレンジングウォーター

これはいわゆる汚れ落としの液体なのですが、単にアッパーの汚れ落としだけではなく、インソールのお掃除にも使えるとのことなので1本あると非常に便利だと思います。

この手の汚れ落としは各メーカーからいろいろ出ていますが、私は最近はこればかりです。

何が良いかって、革に対する攻撃がマイルドなところが素晴らしいです。

モノによっては革の色が落ちてしまうものもあったりしますし、染み込みすぎてシミになってしまうようなものもあって、そういう心配がないこのステインクレンジングウォーターは、気兼ねなく使えるという点でも使い勝手が良いのです。

そしてもうひとつ。



モゥブレィのデリケートクリームです。

こちらは定番商品ですね。

革の栄養補給のためのクリームで、普通に靴に使うほかお財布やカバンなどにも使えます。

ひとつあればとっても便利です。

最近は、数あるメンテナンス用品の中でこういう私が心からお勧めするもののみ仕入れるようになりました。

と言って、以前は何でもかんでも仕入れていたのかというとそういうわけではなく、改めて考えるとお勧めするものだけというのは変わっていないのですが、多品種を少しずつという仕入れの仕方から、本当に今必要そうなものをちょっと多めにというスタイルになっています。

さて、今日はあらためてオーダーメイド靴を考えてみたいと思います。



上の写真は、非常にベーシックなオックスフォードですが、この靴はお仕事でスーツを着るときにお履きになることが多いデザインの靴です。

その他には、もっとカジュアルなデザインの靴もいろいろとあるのですが、どんな靴を履いたときでもオーダーメイドの足に合っている靴を履くと、合っていない靴を履いたときと比べて大きな違いがあります。

それは、足の動かし方であり筋肉の使い方なのですが、もっと具体的に言うと、足に合っている靴を履いて歩くときにはよりたくさんの筋肉をしっかりと機能させて歩くことができるのだそうです。

イメージとしては、足袋を履いて歩くような感じでしょうか?

ただ、足袋と違うのは革靴はソールが比較的硬くてしっかりしていることや、足をそこそこ硬い革で包んでいることにより、イメージ的にはもっとかっちりとした丈夫なプラットフォームのバケットシート付きのクルマに乗っているようなものとなります。

ちょっと難しい話になりますが、プラットフォームがしっかりしていることとバケットシートに包まれているようなことは足が疲れにくいということですが、それと同時にソールはスニーカーに比べて硬めなので、足そのものが衝撃を吸収する必要があって、歩くたびにそのエクササイズをしているような状態になっていると言えます。

つまり、普段から革靴を履き慣れている方は足がそれだけ鍛えられていて、知らず知らずに疲れにくかったり丈夫になっているという恩恵を被っていると言えます。



オーダーメイド靴は、単に好きな革を選ぶことができるとか、好きなデザインのものを作ることができるなどという外観のメリットだけではなく、機能面でも大きなメリットがあると言えます。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ