チャッカブーツを納品しました

カテゴリー: Products:お客様&靴フォト


今日ご紹介するお客様は、、東京都にお住いのKKさんです。

ご注文いただいていた靴が完成いたしましたので、納品&フィッティング確認のためにお越しいただきました。

KKさんは、じつは先週お越しいただいたのですが、都合でご紹介するのが遅くなってしまいました。

申し訳ございません。

今回完成したのは、黒のチャッカブーツ(ストレートキャップ付き)です。

早速履いていただきました。

チャッカブーツ

KKさんは、すでにたくさんのシューリパブリックの靴を履いてくださっています。

KKさんの足はとても細くて、なかなか既製品では難しいだろうという形をされていて、

初めてのシューリパブリックの靴を履いてくださったときには、しきりに・・・

「気持ちイイですよ。いつも脱ぎたくないって思っています。」

と言ってくださいました。

それ以降、少しずつ靴を増やしていって、今では十分に1週間を回せるだけの靴が揃ったようです。

特に、KKさんの足は既製品ではカカトを十分にホールドすることが難しく、そのあたりの履き心地の違いは足に合わせたオーダーメイドならではだと思います。

チャッカブーツ

それに、KKさんもシューリパブリックのブーツの履きやすさをわかってくださっているお客様の一人です。

ブーツの方が足首までしっかりとホールドできますので、よりいっそうの安定感が感じられるわけです。

ところで、写真の後ろの方に見えるのは、私の友人であるトンリョウさんのブーツです。

KKさんが以前に愛知県の一宮市で開催したイベントに来てくださったのですが、その際にトンリョウさんのブーツにも興味をお持ちになって、その後にトンリョウさんに行ってオーダーされたそうです。

昔から靴の業界ではよく言われるのですが、靴は作り手が違うと仮に同じものを作ったとしても全く違うモノができるのです。

ましてや、トンリョウさんは私たちシューリパブリックのとは全く方向性の違う「ワークブーツ」や「バイカーズブーツ」などを作っていますので、

狙っている履きやすさも全くアプローチからして異なります。

ちなみに、KKさんにシューリパブリックのブーツとトンリョウさんのブーツの違いをうかがってみたところ、

やはり履きやすいの方向性が異なっていて、

トンリョウさんのブーツは、こんなにカッチリとしているのに柔らかく感じるそうで、

シューリパブリックのブーツは、履いているのに履いていないみたいとおっしゃっていました。

おもしろいですね。

KKさんは、これまでにやってこられたことがとってもダイナミックで、お話をうかがっているだけでとっても楽しいです。

ぜひまたお話を聞かせてください。

ありがとうございました。

チャッカブーツ

靴の仕様 

デザイン: チャッカブーツ

レザー: キップ

ソール: ダイナイトソール

ラスト: マイサイズラスト(SRD+サイズ調整)

製法: ハンドソーンウェルテッド

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

シューリパブリック15周年記念モデルのオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ