Archives

毎年この時期になると同じようなことを思いますが、 つくづく1年が経つのって早いなぁって思います。 改めて振り返ってみても、今年もたくさんの方々とお会いして、非常に充実した1年でした。 たくさん靴を作りましたし、たくさん出張に行ってイベントも開催しました。 毎回やっていることは同じようなことですが、新たな発見があったり新たなチャレンジがあったり、こうして振り返ってみれば少しずつ前に進んでいるのではないかと思います。 ところで、私たちののような個人事業者は、1月1日がスタートで12月31日が締めになり、言い換えればこの年末に棚卸をしなくてはいけないということになります。 厳密にいえば、年明けの仕事始めの前にやっても同じことなのですが、やはりすっきりとした気分で新年を迎えたいので、今年もやりました、棚卸。 そして、特に新たに発掘した革はありませんでしたが、改めて見てみてやはりきれいだなぁって思った革がありましたのでご紹介します。 まずはこちら。 最近、よくこのブログに登場するものですが、ELBAMATTの型押しバージョン。 赤茶色の革で、色名は「SIENA」といいます。 元々の SIENA に比べて型押し加工することで少し色が濃くなっているため、かなり深みが増しています。 先日納品させていただいたMSさんのギブソンブーツで使った「PAPAYA」よりも少し赤み強いので、なかなかカジュアル色の強い靴になりそうです。 こんな革でフルブローグのブーツを作っても格好良さそうですし、 あえてこの型押しのにぎやかさを生かして、プレーンのチャッカブーツといのも良さそうです。 そして、もうひとつがこちらのネイビーの革です。 MOTOWNとい革で、15周年記念企画の第2弾で使いました。 みなさんこげ茶やワイン色の革に興味をお持ちくださったのですが、 じつはこのネイビーもなかなかいい雰囲気です。 ご覧の通りグレージング仕上げで、表面にいい感じのツヤがあります。 でも実はこの革は実際に作ってみた方じゃないとわからない魅力がありまして、 予想以上に仕上げ映えする点や、この独特の雰囲気は、ぜひ実物をご覧になっていただきたいところです。 ともあれ、靴をご検討されている方は、こんな革も是非参考にしていただきまして、いろいろと楽しんでください。 今年も本当にありがとうござました。 来年も、どうぞよろしくお願いいたします。 ★★★お知らせ★★★ 【 お知らせ 】 イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。 シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。 スケジュールはこちらをご参照下さい。打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら。 メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

   |  

↑トップへ