アーカイブ

東京都 K.N.様

カテゴリー: Review:お客様の声


opi_kn02近くにある公園の中を1時間ほど散策しました。


1.足入れ前(触ってみて・・・)革の硬さを感じます。
  恐らく、乾燥のせいでしょう。
  対策として、掃く前にデリケートクリームで水分補給をしました。
  多少、改善した様子。

と、いうことで履いてみました。


2.足入れ時(足を入れてみて・・・)ベロのズレ防止糸(躾糸)があるので、
  足入れの際にベロをやや外側に追いやってから足を滑り込ませました。
  すると、「シュポッ」と音がします。
  うん! いい感じです。
  履き口が狭くて、とても良い。

  印象は、「コンパクト」。
  歴代のシューリパブリック靴で最もタイトフィッティングです。
  
  コンパクトとは、こんな感じです。
  足を前から3分割して・・・
  ・前部:水平&垂直の両方向共にピッタリ
  ・中部:水平方向はピッタリ、垂直方向はキツ目
      紐を閉じなくても足が動かない程度にキツイ。
      新品状態としては、非常に良い。
      インソールが沈んでくるとベストになりそう。
  ・後部:踵がヒールカップにピッタリと密着しています。
      問題なし。
   
  どの方向も良くフィットしており、好印象。

  なお、
  左右の羽根間隔が多めにとってある為、紐が短いです。
  これは、他にも送ってほしい靴紐があるので別途依頼メールを出しますね。


3.歩行時(歩いてみて・・・)
  足裏のソールの曲線がよく伝わってきます。
  ラストを削り込んだ印象があり、足に沿っている状況が良く判ります。

  ここからは、印象を思いつくままに書きますね。(以下、散文記載)

  ・足裏のカーブが良く判る。
  ・踵がヒールカップに密着している。
  ・前部は足指の自由度が確保されている。
  ・蹴り出す時、足指で地面を噛むことができる。
  ・とにかくラストがコンパクトになっていて、靴の存在感が希薄に感じられて好印象。
   体の一部になった印象という意味。
   悪印象のものは、それ自体の存在を主張するが、今回の靴はそれが無い。
  ・歩き出し数分間後、踵後ろ周りに軽いコスレ感がでる。
   踵周りをU字と定義すると、まさにU字の下部、即ち、
   最後部に擦れる感触が発生する。
   暫く歩いていると、踵がヒールから僅かに離れてくるらしい。
   それが擦れているよう。
   新品なのでヒールがついてこないことも要因としてありそう。    
  ・左右の感触差異が小さくなっている。
   通常、右足側にルース(緩い)感があった。
   今回のフィッティングは、その差が非常に小さくなっていて良い。
   左右、ほぼイーブン。
  ・足首後ろ上部の自由度が上がった
   ブーツの後ろ側トップ部分がややチューリップ型に広げてある為、
   足の後ろ側の動作が楽(ラク)、歩き易い。
  ・ソールが厚くなった印象がある。
   中の詰め物が厚くなったような感じがする。
   柔らかい詰め物を増量したような印象を受ける。
   インソールレザーが厚くなったのか、フィラー(詰め物)が増えたのかは判らないが。
   厚いクッションを踏んでいるようで心地良い。
   今回のバージョンは、靴の下部側に構造上の改良を感じ、
   靴の上部側にはサイズの改善を感じる。
  ・ソール(特に前部)が柔らかくなった感じがする。
   返りが良くて歩き易くなっている。
   靴がコンパクトになった印象があったので、剛性も上がってしまい
   ソールの返りが悪くなるかと思ったが、結果は逆。
   うれしい誤算。
   甲周りの空間が無くなり、靴底が足についてくるようになった影響か?
   歴代靴の中で、最もソールが柔らかく感じる。
   それに伴って、ダイナイトのクッション性の良さがより判るようになった。
  ・後ろ部分の剛性が高い。
   足首部の下部分が、地面と密着している印象がある。
   安定感が大きい。
   足の骨が、直に地面に立っている様な感じがする。
  ・靴の前後長が短くなった感じがする。
   歩き易さがその様に感じさせる一因かもしれない。
   長さが変わっているようには見えないので、物理的変化は無い様子だが・・・
   靴を軽く感じる効果を生み、とても歩きやすい。    
  ・踵やつま先の角が邪魔に感じる。
   うまく説明できなくて、もどかしいが・・・
   新品である為に踵やつま先の削れが無く、
   角があるままになっているという意味です。
   そのため、足の踵をつく時、角が引っかかる印象がある。
   つま先の方は、踵ほどではないがやや引っかかりがある。
   歩いていると、つま先のほうはトゥスプリングが効いてきて、軽減されてきた。
   どちらにしても、未エージング時特有の事象であり、時間が解決する課題。
  ・30分ほどしたら踵がヒールカップから離れてきた。
   この点だけが唯一の課題。
   歩く前は全く問題が無い。
   しかし、歩いているとじわじわと問題が出てくる。
   靴の中で足の前すべりが起きてくるのかもしれない。
   一旦、ベンチに座って足を固定して紐を締め直して再スタートすると、
   暫くするとやはり再発する。


 ■まとめ
  ●総評
   MRTラストはコンフォートさが際立っていたが、今回、良い緊張感が生まれた。
   ラストを削って、理想サイズに非常に近くなったと思う。
   まだ1回しか履いていないので早計は禁物だが、
   MRT・SRBを通じてベストと言える。

  ●今後の課題
   歩いていると踵とヒールカップ間に隙間が生まれる点を改善したい。
   足入れした直後には問題無いが、歩いているうちに踵が擦れてくるので、
   足がやや前側にズレているように思う。
   
   ・スタティック(静的)には・・・
    水平方向には360度、すべての領域に問題が無い。
    垂直方法に関しても、新品の状態でのキツさがあって当然なので問題なし。
   
   ・ダイナミック(動的)には・・・
    暫く歩くと問題が出てくる。

   ということで、
   対策としてはウエストを絞って足の前ズレを防止したい感じがする。


  ●注意点
   文字にすると大げさな感じになってしまうけれど、課題はとても小さいです。
   とにかく、とても良くできています。
   その中での改善点という位置づけです。

   トータルで109点という感じです。
   満点は100点で、課題を解決すると110点になってしまうような、
   そんな感じです。
   うーん、文字は難しいです。
 
   とにかく、今回の靴は良く出来ていますのでとても満足しています。
   なるべく時間を見つけて、履いてみます。
   

では。

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ