アーカイブ

素材としての革

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私は靴を作るようになって、改めてよくもまぁ革で靴を作ろうとしたなぁって感心しました。

確かに、革は形が変えられて耐久性もあるので、靴の素材として考えると非常に適しているのかもしれませんが、

それでもきっと実際にたくさんの経験をして、革で作るということにたどり着いた先人たちに感謝しています。

最近は、革の素材としてナイロンや人工皮革などもありますが、

まだ今の時点では靴用として革に勝る素材はないと思っています。

革の特徴は、先にも書きましたが耐久性があること、そして使っていくうちに馴染んでくることが挙げられます。

私達が作るような靴も、いくらオーダーメイドで足にぴたりと合っているとは言え、履き始めは革が硬かったりして初めから100%のスペックが出せるわけではありません。

私たちはそれらを計算して製作しているのですが、

革がある程度馴染んでくると、それまでちょっと硬かったところやきつく感じていたところが解消され、とっても履きやすくなります。

私たちは、この変化を革が成長すると言っています。

それが丈夫な革であればあるほど馴染むまでに時間がかかってちょっと大変かもしれませんが、

履き込んでいくと必ず足に馴染む時が来て、とっても履きやすくなるのです。

でも、これが履かなくなってしまうと革が成長しなくなってしまって、いつになっても足に馴染みませんし、

場合によってはどんどん合わなくなってしまうことだってあります。

やはり、革は現時点では靴にとって非常に優れている素材ですので、その特性を十分に理解して、正しく使いこなしてあげることが良いと思います。

革の靴は、履き込んであげれば少しずつですが必ず足に馴染んできます。

ギブソンブーツ

 

お知らせ

3月3日(土)4日(日)には、長野市のIVY PRODUCTSさんにてイベントを開催いたします。IVY PRODUCTSにて開催するイベントは、今回が初めてとなります。足の計測、オーダーメイド靴のご注文をお受けするほかに、お客様に楽しんでいただけるようなこと只今思案中ですので、詳細が決まりましたらご案内させていただきます。

4月21日(土)には、大阪北堀江のRifare大阪店さんにて、恒例の「足の計測会&靴のオーダー会」のイベントを開催します。大阪近郊にお住いの方、ぜひいらしてください。

4月22日(日)には、神戸三宮のSUNさんにて、シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のオーダー会を開催いたします。神戸近郊の皆様、ぜひお越しください。

どのイベントも、オーダーするしないにかかわらず、靴に興味があるとか、靴のフィッティングに問題を抱えているとか、とにかく作り手である私たちに質問を投げかけたり、相談したりということも大歓迎です。
もしかしたら一緒に問題を解決ということになるかもしれませんが、何かしらお役に立てるのではないかと思います。
おばあちゃんが、ご近所のおうちの縁側にお茶を飲みに行くような感覚で、ぜひお気軽にお越しください。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ