アーカイブ

安心して歩けるブーツであるために

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私は最近防災グッズに関心を持っています。

というのも、ここしばらく来ると言われ続けている南海トラフ巨大地震に対する備えをしっかりとしておきたいと思うわけで、

約7年前の東日本大震災の時には、モノの流通から電気の問題から、社会におけるいろいろな弱点を思い知ったので、

できることはやっておくべきだと思っています。

関西にお住いの方は、阪神淡路大震災を体験されている方も多いことでしょうから、もうすぐ23年経ちますがまだ鮮明に覚えていらっしゃる方も多いことでしょう。

これだけ巨大地震の可能性が指摘されているわけですから、これで準備をしていないのは自己責任と言われても仕方ない・・・、

と言われかねません。

ともあれ、「備えあれば憂いなし」と言いますから、準備はしっかりとしておきましょう。

飲料水、保存食、簡易トイレ、防寒具、ラジオ、カセットコンロとスペアのボンベ、そして明かりなど。

飲料水や保存食は、生死にかかわることなので皆さん真っ先に思いつくかもしれませんが、明かりはもしかしたら忘れがちなのかもしれません。

アウトドア用のLEDランタンは、思いのほかバッテリーを食います。

私が使っているヤツは、比較的大きいからかもしれませんが、2晩くらいで3本の電池を使い果たします。

5VのUSB電源で点灯するタイプのものがあれば、バッテリー自体もいろいろと使えるので良いのかもしれませんね。

私も折を見て買っておこうと思っています。

 

そして、靴屋としてお伝えしておきたいのは、靴の備えのことです。

私たちのあるお客様が、シューリパブリックの靴のみで1週間過ごせるようになった時に、

「これで安心できます。いつどこで何が起こっても、安心して歩ける靴を履いているというのは、本当に心頃強いです。」

とおっしゃっていました。

そのようなお客様が、じつはここのところ何人もいらっしゃって、

ある方は、震災の時に足に合っていない靴を履いていて大変な思いをしたとおっしゃっていて、

ほかのある方は、震災の時にシューリパブリックの靴を履いていて自宅まで約20キロあったけれど問題なく帰れて良かったとおっしゃっていました。

昨年は、鈴木大地スポーツ庁長官が歩きやすい靴を履いて通勤することを奨励する際に、その表現が極端だったためか「スニーカー通勤奨励」と取られてしまったこともありましたが、

ここだけの話、スニーカーはモノによっては長時間履き続けると足の裏側が痛くなってしまうものもあるので、スニーカーだから歩きやすいというわけではないことを知っておいていただけると良いかもしれません。

ともあれ、ファッションも大切ですが、いざという時に歩けないような靴を履いていては命に係わる可能性もありますので、

自分の身は自分で守れるように、日頃から心がけていただくのが良いと思います。

歩くということを考えたときに、適した最もお勧めするのがギブソンブーツです。

ギブソンブーツ

寒い時期じゃなくても、足首までホールドしたほうが足の疲れは少なくて済みますし、

ギブソンブーツ

シューリパブリックのブーツは、履き口がフレアになっているため、足首を動かしても動きが阻害されません。

思いっきり走るとなると、そりゃスニーカーの方が適していますが、小走りなら全く問題ありませんし、長距離を歩くならスニーカーよりも疲れにくいと思います。

ソールだってしっかりしていますので、もし足場が悪かったとしてもしっかりと足を守ってくれるはずです。

 

お知らせ

3月3日(土)と4日(日)には、長野市のIVY PRODUCTSさんにてイベントを開催いたします。IVY PRODUCTSにて開催するイベントは、今回が初めてとなります。足の計測、オーダーメイド靴のご注文をお受けするほかに、お客様に楽しんでいただけるようなこと只今思案中ですので、詳細が決まりましたらご案内させていただきます。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ