アーカイブ

The Gibson Boots

カテゴリー: Message:伝えたいこと


ここのところ、急に寒くなってきましたね。

11月も後半になると、もう冬のような日があってもおかしくありません。

ここ埼玉ではまだ「寒くなってきた」程度で済んでいますが、地域によってはもう真冬のようなことになっているところもあるのかもしれません。

くれぐれも、お気をつけて。

さて、これだけ寒くなってくるとブーツが手放せません。

私自身、真夏でもブーツを履いているのですが、寒くなると防寒という目的でより一層ブーツが必要になります。

ギブソンブーツ

こちらが、私たちシューリパブリックの一番のおススメであるギブソンブーツです。

私たちシューリパブリックのギブソンブーツは、筒の高さが5インチ程度で、普通に歩くのに支障にならない高さです。

もちろんクルマの運転も普通にできますし、階段を上がったり下りたりするのも全く問題ありません。

このギブソンブーツですが、何がそんなに優れているのかと言いますと、

足をしっかりとホールドできることです。

ホールドする面積がシューズよりも広いのでそれほどきつく締める必要もありませんし、それでいて靴の中が蒸れることもなく、靴が重いと感じることもほぼないと言って良いでしょう。

おまけに、多くの方が心配する脱ぎ履きですが、

ギブソンブーツ

靴ヒモをオーバーラップで通しておけば、こんなに簡単にハネが開きますので、慣れてしまえば全く気になりません。

むしろ、靴ベラが不要なのでそれだけ使い勝手が良いと言えるかもしれません。

こんなに完璧なのに、日本ではまだまだブーツは少数派なのが残念なところです。

食わず嫌いをしないで、どんどんギブソンブーツを履いてみたら良いのにと思います。

嫌いなものを無理やり勧めるのはいけませんが、単に食わず嫌いなら一度試してみてください。

きっと、ブーツに対する考え方がガラリと変わるはずです。

足首が隠れるということも、これからの時期にはメリットがあります。

とっても機能的な履物として、私たちシューリパブリックはギブソンブーツをお勧めしています。

gb

 

お知らせ

①12月9日(土)と10日(日)には、Rifare大阪店さんにて恒例のイベントを開催いたします。足の計測もおこないますので、靴のフィッティングなどに関して詳しく知っておきたいという方は、ぜひこの機会にお越しください。シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

②2018年1月より、靴の価格を見直しさせていただく予定で、現在の94,000円(税抜)から95,000円(税抜)に変更させていただきます。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ