アーカイブ

身体全体が載る靴

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私たちは一般的には靴を履くと言います。

手袋をはめるように、靴下を履くように、同じような感覚で靴を履くと言いますが、よくよく考えてみればそれは単に靴を履くその瞬間だけのことで、

靴を履いた以降の歩いているとき、走っているとき、もしくは立ち止まっているときは、靴を履いているというよりも靴に載っているという方がもしかしたら正しいのかもしれません。

私はよく靴とクルマの関係を例に出しますが、どちらも人間を載せて移動します。

その間、いかに快適に、いかに思い通りに、そしていかに楽しく移動できるかということがポイントになります。

温度や湿度を快適に保ち、十分な剛性があって外からの衝撃をしっかりと吸収することができるつくりで、人馬一体ともいえる一体感、

それらを求めるところが靴とクルマの似ているところだと思います。

となると、靴を履いていてもつくりが良くないモノや、サイズが合っていないモノでは、快適に履く、いや快適に靴の上に載って移動をすることができません。

ましてや、靴の場合は足の運動機能を生かして歩くことが必要となりますので、その運動機能をしっかりと発揮できることが大切なのです。

靴が大きすぎても小さすぎても、形が合っていたくても、つくりや設計が不十分であっても・・・。

じつは、靴選びは私たちが思っているよりもとってもシビアなのです。

チャッカブーツ

 

さて、そんなことも踏まえて、明日からRifareさんにて足の計測会&靴のオーダー会のイベントを開催します。

明日、7月29日(土)は Rifare大阪店さんにて

明後日の 7月30日(日)は Rifare名古屋栄店さんにて開催です。

同じにお金を払って靴を買うのなら、足に合っているモノ、つくりの良いモノ、設計の良いモノを履いた方が良いはず。

そういう靴はどんな靴なのか、そんなお話もさせていただきます。

この際だから、ちょっと足のことを知っておこうと思っていただった方は、ぜひお気軽にお越しください。

通常、足の計測は800円(税別)ですが、「ブログ観たよ!」といっていただければ、なんとこれが500円(税別)になります。

皆様のお越しをお待ちしています。

スクライバー

実際に、こんなものを使って計測します。

 

お知らせ

【お知らせ1】

11月に愛知県一宮市にてイベントを開催します。
日頃から自らの手で作り出している実践的なクリエーターが集結して、パフォーマンスや商品の販売をします。
詳細はコチラをご覧ください。

 

【お知らせ2】

Rifareさんにて恒例のオーダー会&計測会のイベントを開催します。

大阪店は、 7月29日(土) 11時~20時

名古屋店は、 7月30日 (日) 11時~20時

となります。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ