アーカイブ

靴の履き心地は作り手の個性

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


靴のフィッティングを考えたときに、快適な靴は足に対してちょうどよい締め具合でホールドしてくれます。

締め具合?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、靴が足と全く同じサイズ、つまり例えば石膏で形をとったそのままの大きさのラストだったとすると、間違いなくそれはゆるい靴になってしまうわけで、

ちゃんとフィットするためにはある程度足を締めてあげる必要があるのです。

足

靴の形やサイズはラスト(木型)で決まりますから、その締め具合はラストを足に対してどれくらいの数値&形状にするかで決まります。

ラスト

その「どれくらい」というのは、作り手の考えによるところが大きく、もっと詳しく言えばこの部分はこれくらいで締めて、こちらはこれくらいというように、部分部分で締め具合が異なります。

私たちシューリパブリックの場合は、ジョイント周辺は比較的ゆとりを持たせ(と言っても緩さは感じない程度)、インステップ周りのサイドの部分を包み込むように締めるようなセッティングにしています。

その締め方も、カカト合わせでホールドさせるようなセッティングですので、まぁ言葉で説明するのは難しいのですが、イメージとしては靴の後ろ半分がカチッとしっかりと優しくホールドされているように感じるのではないでしょうか?

 

オーダーメイドの靴は、本当に作り手によってフィッティングも履き心地も歩いた感じも違っていて、非常に面白いものです。

見た目は同じような靴でも、履いてみると履き心地は全く違います。

お好みのレストランやお好みのクルマ同様に、お好みの履き心地の作り手の靴も、ちょっと気にかけていただけると嬉しいです。

 

お知らせ

【お知らせ1】 次回のRifare大阪店さんでの計測会&オーダー会のイベントは、4月15日(土)に開催です。

【お知らせ2】 4月16日(日)には、神戸三宮のSUNさんへお伺いします。神戸周辺にお住まいのみなさま、ぜひお越しください。

【お知らせ3】 3月31日(金)〜4月1日(日)に開催される、コージ製靴新潟工場さんのファミリーセールに出品することになりました。今回は、ちょっと厚めの革でチャッカブーツを作って出品する予定です。詳細は、後日お知らせいたします。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ