アーカイブ

ときどきライニングをチェック

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


余談ですが、先日ウチの小学生の娘が、図書館でこんな本を借りてきました。

ムヒカ大統領

少し前に話題になったのでご存じの方も多いと思いますが、世界一貧しいと言われる大統領のムヒカ大統領のスピーチの本です。

ムヒカ大統領のスピーチでは、

今の世の中は、モノを消費し続けなければいけない構造になっていて、そのためにもっと長く使える製品を作れるのにもかかわらず、これくらいで使えなくなるようなモノを作り、

できるだけ安く作って、できるだけ高く売り、

モノをたくさん作ってたくさん売ってお金をもうけ、もうけたお金で欲しいものを買い、更にもっと欲しくなってもっと手に入れようとする、

もし、これでたくさんモノを作らなくなってしまうと、お金の流れがストップしてしまい、たちまち不景気になってしまう。

そんな社会になっていることを伝えています。

それが本当に私たちが望んでいる社会なのか、その仕組を私たちはうまく使いこなしているのか、よくよく考えてみると疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ウチの娘が、この本を読んでどんなことを感じるのか、まだ小学生では十分に理解することは難しいかもしれませんが、いつかはその矛盾に気づいてくれることを願っています。

 

私たちのような極めて小さな工房は、そのような枠にとらわれることなく、比較的自由に、自分たちが理想とするところを目指すことができます。

本当に良いモノを本当に必要としている方のために作り、それをずっと大切に使っていただくために修理をして見守っています。

企業が考える利益率からすれば、極めて不合理な仕事ですが、そこにはお金ではないメリットが沢山あります。

お客様とお会いでき、ちゃんと向き合ってお付き合いができること、

私が一生懸命に作ったものを、お客様が喜んでくださること、

もっとたくさんのお客様に伝えるために、まだまだ長い道のりがこの先にあることなどなど。

マクロ経済ではわからない、とっても楽しい世界がここにあるのです。

 

さて、前置きが長きなりました。

普段、靴を履いていただいていると、靴のアッパーの状態は結構気にしていただいていると思います。

インソールの状態も、ソールやヒールのヘリ具合も、見てわかることですので、やはりこちらも気にしていただいていると思います。

ですが、ライニング(靴の内側の革)に関しては、あまり気にされていないのではないでしょうか?

実際、メンテナンスをするにしても、特にクリームを塗るという必要もなく、定期的に履いてあげていれば適度な湿気が保たれて革が固くなったり割れたりすることもありませんので、ついつ忘れがちになりかねません。

でも、ライニングも革ですので、時々気にしていただきたいのです。

モンキーブーツ

こちらは、私のモンキーブーツです。

さすがに8年くらい履いているとだんだん黒ずんできます。

それは、仕方ないことですね。

でも、気にしていただきたいことがありまして、ライニングの表面の状態はどんな状態なのか、テカテカに光っているのか、こすれてバサバサになっているのか、もしくは穴が空いてしまっているのか。

ライニングの革は、タンニンを多く含んだなめしになっていますので、表面は押されたり力がかかっているのなら、ツヤが出てきます。

こうなると、強度的に見て強くなります。

私のモンキーブーツも、だいぶツヤが出ていますね。

ですが、こすれているような状態だと、これはもしかしたら将来的に穴が空いてしまう可能性があります。

たしかに、足の形状の関係で、どうしても何年も履いていると穴が空いてしまうという方もいらっしゃいます。

これは、ほぼ防ぎようのないことなのですが、それとは別にヒモの締め方で足が動いてしまって擦れているというケースは、靴に負担をかけてしまっているのです。

その見分け方は、ちょっと文章でお伝えするのは難しいのですが、ちょっと気になるという方はメンテナンスにお持ちいただくのも良いかと思います。

通常は、点検の時に一緒に履き方を確認させていただいて、問題があればお伝えしていますので、点検の際に特に指摘をしていない場合は、大丈夫と判断していただいてOKです。

やはり、永く履いていただくことを目的として製作している靴ですので、正しい履き方で永く快適に履いていただきたいと考えています。

 

お知らせ

【お知らせ1】 次回のRifare大阪店さんでの計測会&オーダー会のイベントは、4月15日(土)に開催です。

【お知らせ2】 4月16日(日)には、神戸三宮のSUNさんへお伺いします。神戸周辺にお住まいのみなさま、ぜひお越しください。

【お知らせ3】 3月31日(金)〜4月1日(日)に開催される、コージ製靴新潟工場さんのファミリーセールに出品することになりました。今回は、ちょっと厚めの革でチャッカブーツを作って出品する予定です。詳細は、後日お知らせいたします。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ