アーカイブ

ダイナイトソール到着

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


今日の午前中に、ダイナイトソールが到着しました。

ダイナイト

月曜日に日通さんの国際貨物営業部から電話がありまして、すでに週末に成田に到着していたそうなのですが、その後諸々の手続きを経て火曜日に通関を通って、そして今日私たちの工房に運ばれて来ました。

いつもなら混載で来るのですが、今回はなぜか成田から直接チャーター便です。

 

毎度のことながら、ダイナイトが到着すると、もう大変です。

すべての箱を開けて、ひとつひとつ数が合っているか数えなくてはいけません。

ソールはまだ簡単に数えられますが、トップピースは箱に60足分(120個)がバラバラに入っているので、それだけで半日仕事です。

 

そんなダイナイトソールは、もう10年以上も私たちシューリパブリックのメインのソールとして君臨しています。

ダイナイト

これだけ永く使っていると、その性格がいろいろと見えてきたりして、なかなか奥が深いソールだということがわかります。

まれに、ダイナイトは滑りやすいということを聞きますが、それはまだダイナイトを使いこなしていない証拠です。

ダイナイトソールは、まだ新しいうちはつま先側はセンターの凸の部分だけが接地するので、当然にμは十分ではありません。

特に、グッドイヤーウェルテッドやハンドソーンウェルテッドの靴の場合、ソールの底面に大きく丸みがついていますから、さらに接地面が限られます。

なので、初めの数週間は無理をしないように用心深く歩くようにして、その頃を過ぎるとセンターの凸はだいぶ削れてきて接地面も増え、さらにボトムフィラーのコルクも少しずつ潰れてくるので、底の面がかなり安定してきます。

この辺りからがダイナイトの本領発揮です。

ダイナイトは、慣れてくれば滑りにくく、耐摩耗性に優れ、衝撃吸収にも優れていますので、日常に履く靴のソールとして非常に適しています。

見た目だって、横から見るとレザーソールとほとんど厚さが変わらないので、変にカジュアルな雰囲気になることもありません。

それに、合成ゴムのソールですから、雨が降っても全く問題なしです。

 

実際には似たような商品や、いわゆる偽物も出回っていますが、このゴムのクオリティはダイナイトじゃないと出せません。

本当に気を遣わずに普通に履ける靴のソールとして非常に優れています。

今回もたくさん入荷したので、気兼ねなく使っていこうと思っています。

 

次のイベントは、12月3日(土)と4日(日)にRifare大阪店さんにて開催の予定です。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ