アーカイブ

トーパフ&スティフナー

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


殆どの靴のつま先とカカトには、硬い芯が入っています。

つま先の芯をtoe puff(トーパフ)と言い、カカトの芯をstiffener(スティフナー)と言います。

どちらも芯ですが、それぞれ目的が違うため、形状も硬さも異なります。

つま先の芯は、足の先を保護するためのもので、カカトの芯は靴を履いて歩くときにしっかりとホールドして安定させるためのものだそうです。

靴の芯

これは、まだ芯を入れる前のアッパー。

これに入れるわけですが、その前に心はどのようなものかといいますと、

私たちシューリパブリックでは、このような形のものを使います。

靴の芯

上がトーパフで、下がスティフナーです。

スティフナーにおいては、しっかりとカカトをホールドする丈夫さが要求されるので、厚さ2ミリの革を2枚重ねにして使っています。

このトーパフにしてもスティフナーにしても、作りての考え方が大きく影響していて、形状や厚さ、更には素材までもが作りての考え方如何によって変わってきます。

私たちの場合は、とことん丈夫さを追求しているので、これほど厚いものを使っているというわけです。

靴の芯

スティフナーは、こんな感じにセットして、両面に専用の水性の接着剤を塗って固定します。

靴の芯

トーパフはこんな感じ。

やはりこちらも両面に水性の接着剤を塗ります。

接着剤を塗ったら、あまりのんびりしていると接着剤が固くなってしまうので、なるべく早めにラスティングに進みます。

この工程においても、昨日の記事で書いたように、ラスティングの終わったアッパーをハンマーで叩いて綺麗に形を整えます。

じつは、このような革のトーパフと革のスティフナーという仕様は、世の中に存在する靴の中ではかなり贅沢なものであり、それだけしっかりと機能している仕様とも言えます。

厚いカカトの芯+水溶性の接着剤という組み合わせは、強度面や履きこむごとの足に馴染んでいくということを考えても、非常に理想的な仕様となっています。

 

10月までのイベント情報:

9月4日(日) Rifare自由が丘店さんにて、恒例の計測&オーダー会開催 (無理言ってスケジュールを変えていただきました。すみません)

9月9日(金)~11日(日) コージ製靴新潟工場さんの、ファミリーセールに出品します。

久しぶりのコージ製靴さんですが、今回はグッドイヤーウェルテッドのチャッカブーツ(黒)を出品する予定です。隠し球もあります。「ブログ観たよ」とお申し出ください。

10月1日(土)~2日(日) 神戸三宮 SUNさんにて、恒例の計測&オーダー会開催。今回は、SUN特別仕様のこだわりいっぱいのチャッカブーツ(ダークグリーン)を用意していきます。こちらは数に限りがありますので、早い者勝ちです。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ