アーカイブ

革×叩く

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


靴を作るときに、何かと使うのがハンマー。

靴の学校に通っている頃に、つり込んだ靴をハンマーで整形をする光景を見た時には、かなりの衝撃でした。

その他にも、ハンマーで叩く作業がたくさんあります。

例えば、コレ。

縫い割り

靴のカカト周りのパーツですが、縫い割りと言って表の面同士を合わせて縫い、この後に開くという手法です。

縫い割り

縫っただけでは、こんな状態なのですが・・・、

縫い割り

専用の台に乗せてハンマーで叩くと・・・、

縫い割り

ちょっと叩いただけでも、丸みを帯びてきました。

これをもっとちゃんと叩いてあげて、専用のテープを貼ってあげれば、かなりキレイな立体になります。

いったい誰がこんなことを思いついたのでしょう?

イギリスでは、日本に比べるとこれほど叩きません。

それでも、時々キレイな形にするために叩くことはあります。

いわゆる先人の知恵ってヤツなのでしょう。

ちなみに、ミシンをかける工程で使うハンマーと、ラスティングの工程で使うハンマーでは、ヘッドの大きさが違います。

どちらも叩くだけなのに、微妙に使い方が異なるためだと思います。

 

10月までのイベント情報:

9月4日(日) Rifare自由が丘店さんにて、恒例の計測&オーダー会開催 (無理言ってスケジュールを変えていただきました。すみません)

9月9日(金)~11日(日) コージ製靴新潟工場さんの、ファミリーセールに出品します。

久しぶりのコージ製靴さんですが、今回はグッドイヤーウェルテッドのチャッカブーツ(黒)を出品する予定です。隠し球もあります。「ブログ観たよ」とお申し出ください。

10月1日(土)~2日(日) 神戸三宮 SUNさんにて、恒例の計測&オーダー会開催。今回は、SUN特別仕様のこだわりいっぱいのチャッカブーツ(ダークグリーン)を用意していきます。こちらは数に限りがありますので、早い者勝ちです。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ