アーカイブ

平ウェルト&Lストームウェルト

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


今日は出張明けでのんびりと作業を・・・

というわけにはいかず、いつも通りにフルパワーでウェルティングのつづきです。

 

お客様からよく訊かれるのは、平ウェルトとLストームウェルトではどちらが良いのか、もしくはどちらが丈夫なのかということ。

平ウェルト

コチラが、今日作業をした平ウェルトの靴。

そして・・・、

Lストームウェルト

コチラがLストームウェルトの靴です。

確認のために簡単に説明をいたしますと、ウェルトというのはつり込んだアッパーの下の方についている細長い革のことで、実際にはインソール(中底)に縫い付けてあります。

そのウェルトの形状の違いのことなのですが、平ウェルトとはその名の通り平らなウェルトで、Lストームウェルトとはその断面がアルファベットのLの形をしているものです。

それを踏まえて本題に戻ります。

どちらが丈夫なのかという件に関しては、結論から言えばどちらも大差ないと言って良いと思います。

Lストームは、そもそも昔々ハンティングなどで湿地に入っていったときに、ウェルトとの隙間に泥や水が入りにくいようにという目的で作られたと言われていますが、現代においてはそのような履き方をすることはまずありません。

普通に履いていて、雨に濡れる程度のことならどちらも全く問題ありませんので、結局は大差ないのです。

 

参考までに、平ウェルト仕様のインソールとLストーム仕様のインソールでは、私たちシューリパブリックではインソールのリブの形状が異なります。

平ウェルトの方が内側に縫われるようになっています。

平ウェルト

平ウェルトと、

Lストーム

Lストーム。

リブの位置だけではなく形状も異なりますので、平ウェルト仕様で製作した靴をLストーム仕様にするなどの仕様変更はできないのです。

 

お知らせ 

8月6日(土)~12日(金)まで夏休みのため、工房はお休みになります。

 

10月までのイベント情報:

9月4日(日) Rifare自由が丘店さんにて、恒例の計測&オーダー会開催 (無理言ってスケジュールを変えていただきました。すみません)

9月9日(金)~11日(日) コージ製靴新潟工場さんの、ファミリーセールに出品します。

久しぶりのコージ製靴さんですが、今回はグッドイヤーウェルテッドのチャッカブーツ(黒)を出品する予定です。隠し球もあります。「ブログ観たよ」とお申し出ください。

10月1日(土)~2日(日) 神戸三宮 SUNさんにて、恒例の計測&オーダー会開催。今回は、SUN特別仕様のこだわりいっぱいのチャッカブーツ(ダークグリーン)を用意していきます。こちらは数に限りがありますので、早い者勝ちです。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ