アーカイブ

コバのラインは削りで決まります

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


スニーカーや多くの既製品のように、出来上がったソールをアッパーと貼り合わせるような、セメンテッドの靴は別として、

いわゆるウェルテッドと名の付く靴のソールは、削って形を決めていきます。

たぶん、なかなかイメージができないのではないでしょうか?

グラインダー

グラインダー

これが、削る機械です。

グラインダーとかフィニッシャーなどと呼ばれています。

ウェルテッドの靴の場合、ウェルトをかけた状態のアッパーにちょっと大きめのソールを貼り付けて、余分な部分をトリミングしてからソールのコバを削ります。

コバ削り

こんな感じで。

今はだし縫いをする前の状態で、粗削りをしています。

だし縫いを終えてからも同じような作業を行うのですが、この作業はどのように削れば良いというゲージも設計図もないので、コバのラインはまさに削る人のセンスにゆだねられます。

コバのライン

粗削りの状態ですが、私はこんな感じのラインが好きです。

あまりこれでもかというような極端なメリハリは出さずに、あくまでも自然体であって、でもパッと見てキレイだと感じていただけるようなライン。

コバのラインにも、作り手のこだわりや個性が出てくるものなのです。

お知らせ

#SRF×オックスフォードは、オーダー受付中です(数量限定)。

oxfordshoes

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ