アーカイブ

ベクトルはそれぞれ

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


先日、本当に久しぶりに作業用とは別のスニーカーを買いました。

私は普段作業をするときスニーカーを履いていることが多く、作業以外の時には革靴を履くという使い分けをしています。

というのも、作業の時には工房内を動き回ることが結構あって、私の性格なのかモタモタと移動をするのが嫌いでつい小走りになってしまうため、そんなチョコチョコとした動きに適しているスニーカーを履いています。

そして、出張の時やちょっとした外出、さらにはお休みの日などは丸一日靴を履き続けたり、もしくはたくさん歩くことが多いので、足が疲れないように革靴(特にブーツ)を履いています。

なのですが、今回ふと目について興味をもって買ってみたのが、コチラ。

keen

KEENのJasperです。

厳密にいえば、スニーカーというよりはアウトドア用のトレッキングシューズに近いキャラクターのようですが、作りを見る限りではスニーカーなのでスニーカーに分類させていただきます。

このJasperは偶然にAmazonで見かけ、やたらと履き心地について良い評価を得ていたため、気になって購入したというわけです。

どうしてそんなに履き心地に関して良い評価を得たのか、私が履いてみたのですがイマイチわかりませんでした。

ニューバランスのスニーカーだってそこそこの履き心地ですし、私が最近履いているサッカニーのスニーカーだって大差ありません。

ただ、強いて挙げるなら、これではないかと思います。

KEEN

スポンジの厚いインソール(中敷き)。

カカト周りはカップ状になっているものの、一番薄い部分でも結構な厚さがあります。

これが、歩いた時にフカフカして良い評価につながったのではないかと思います。

硬い柔らかいということは、あくまでも好みであり使う目的によるので、良いとか悪いということには直結しません。

昔のアメ車のフワフワなサスペンションは、まっすぐなアメリカの道を走るには適していますし、昔のフランス車のフワフワなサスペンションは、ただフワフワなだけではなく、あれはあれでしっとりとしていてフランスの道に適していました。

昔のドイツ車の硬いサスペンションは、ドイツの高速道路を走るのに非常に適していました。

なので、使う目的によってはこのフカフカなインソールが適していたり快適だったりすることもあると思います。

ですが、やわらかいから快適ということがすべてではないことを知っておいていただきたいと思います。

というのは、どなたかがレビューで書いていましたが、インソールが柔らかいと靴の中で足が動き、結果として収まりが悪かったり靴下が擦り切れて穴が開いてしまう、もしくは靴のライニングが擦り切れてしまうということが起こり得ます。

また、スポンジのインソールは汗をかいた時に蒸れやすく、私もそうなのですが汗をかきやすい人にとってはグッチョリ濡れて気持ち悪くなります。

その点、革のインソールの靴は、汗をしっかりと吸収してくれるので、夕方になっても靴の中はさらっとしていて、スニーカーと比べるとかなり快適です。

さらに、革靴のような硬いインソールの靴は、日々履いていることで足自体が鍛えられて衝撃を吸収する機能が発達し、健康な足に向かいます。

逆に、ソールやインソールがやわらかい靴を履いていると、靴の方で衝撃吸収をしてくれるので足が怠けてしまい、足自体の衝撃吸収する機能が退化してしまいかねません。

そのあたりが、私たちが足の健康のために革靴を履きましょうと言っている理由です。

ただし、そのことが全ての方に言えるわけではなく、年配の方、もしくは足を悪くされている方にはまた違う正解がありますし、短時間にポテンシャルを発揮するということならスニーカーの衝撃吸収機能が必要になってきます。

つまり、ソールやインソールが柔らかいスニーカーにはそれを必要としている環境があり、ソールやインソールが硬い革靴にもそれを必要としている環境があるのです。

私たちはその環境に関して、スポーツなどを行うときにはスニーカーを、日常の生活と長時間歩くときには革靴を履くことをお勧めしています。

モンキーブーツ

こちらは、私が今日履いていたモンキーブーツです。

モンキーブーツは、長時間歩くのになかなか適しています。

つま先の方からヒモの締め具合の調整が出来たり、足首をしっかりとホールドできたり。

足を鍛えながら快適に歩ける、なかなか優れたツールだと思います。

 

お知らせ

【お知らせ1】 次回のRifare大阪店さんでの計測会&オーダー会のイベントは、4月15日(土)に開催です。

【お知らせ2】 4月16日(日)には、神戸三宮のSUNさんへお伺いします。神戸周辺にお住まいのみなさま、ぜひお越しください。

【お知らせ3】 3月下旬に開催される、コージ製靴新潟工場さんのファミリーセールに出品することになりました。今回は、ちょっと厚めの革でチャッカブーツを作って出品する予定です。詳細は、後日お知らせいたします。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

“ベクトルはそれぞれ” への6件のフィードバック

  1. アリマ より:

    僕はアシックスのランニングシューズをジョギングのときに使うのですが、アシックスのホームページによると、だいたい500km走ると、性能が劣化し始めるようです。

    http://www.asics.com/jp/ja-jp/support/faq/shoes

    僕は、週に2回位、4キロメートルを40分位かけてのんびり走るのですが、500 ÷ 4 = 125日で劣化しはじめるんですね。週2回なら、1年とちょっとで買い替えたほうが性能を考えると、良いんでしょう。

    僕みたいにスローペースで走る人向けのランニングシューズは高齢者のお客さんもたくさんいるようで、とにかく、中敷きもソールも柔らかくて、アスファルトを走ることで膝を傷めないようにクッション命で作られているようです。新品のおろしたては、アスファルトの上を走っても、ゴムマットの上を走っている感覚になります。

    その代わりに、柔らかすぎて耐久性がないのでしょう。長距離走ると、ソールのゴムが割れたり、変形してきます。

    ちなみに、僕がアシックスを好きな理由は、足の形やサイズの測定にスポーツメーカーはもちろん、既成靴メーカーの中では飛び抜けて積極的で、専用の光測定器のようなものも開発しているのが素晴らしいと思います。

    https://www2.asics.co.jp/running/measure-list/footid

    このサイズ測定への情熱は、10万円以上の輸入既成靴を売る高級店にも見習ってもらいたいですね。

    しかも、売れ筋のランニングシューズは、同じモデルで、3種類の足幅を用意しているんです。E,2E,4Eというふうに。在庫増えるので、大変なのですが、お客さま思いです。

    アシックスが好きなので、話が長くなりましたが、たくさん歩くときは、やはりシューリパブリックのギブソンブーツが良いですね。中3から4日空けて、適切な保湿などのケアをすれば10年持つと聞いていますし。

    ブーツは、高山さんの靴工房での作業などストップアンドゴーが多いところでは、歩きはじめに力がいるので、向いてないと思うのですが、通勤時など長距離歩くときは、1度歩き始めると振り子の原理で足運びを助けてくれるので楽です。

    手に持つとかなり重いのに、歩くと足と一体化して重さが気にならなくなる不思議な靴ですね。

    僕は会社が家の目の前なので、社内での仕事が多くて、あまり歩かない日はシューズ(短靴)を履きますが、長時間の歩行に関しては、ブーツに敵いませんね。

    1,000メートルを超える山の登山家や、陸上自衛隊は全員ブーツですが、それも当然です。

    • shoe republic より:

      アリマさん、コメントありがとうございます。
      私もアシックスの姿勢は非常に素晴らしいと思います。
      研究熱心ですし、ユーザーに対してきめ細かやかなサービスを提供していますよね。
      スニーカーのみならず、革靴を購入する際にも、機械で足を計測して最適なものを選んでくれています。
      さすが、スポーツシューズのメーカーだといつも感心しています。

      アリマさんがおっしゃるように、革靴を作っている高級既成靴メーカーにおいては、もう少しフィッティングに関して改善しても良いと思える部分もあります。
      革靴=硬くて履きにくいものということがまかり通っているうちは、まだまだ改善が難しいかもしれませんが、そう遠くない将来には改善して欲しいと思っています。

      ともあれ、たくさん歩く時にはブーツが良いと思います。

  2. アリマ より:

    高山さん、歩くことに関しては、シューリパブリックのギブソンブーツが最高です。

    アシックスのスニーカーもランニング以外では、耐久性と、見た目においてギブソンブーツにかなわないと思います。

    僕はギブソンブーツ4足持ってますので、次回はモンキーブーツと、ギリーシューズと、チャッカブーツ頼もうと思います。

    • shoe republic より:

      アリマさん、私もギブソンブーツがトータルで見て一番のお勧めです。
      でも、それ以外の靴にもそれぞれに個性がりますから、やっぱりみんなよいですね。
      モンキーブーツも、ギリーシューズも、そしてチャッカブーツも、みんなそれぞれに良いと思います。

  3. アリマ より:

    こちらで靴を頼むまでは、ギリーシューズやモンキーブーツは変わったデザインで頼むことはないだろうと思っていましたが、ギリーシューズはダンスシューズが起源で動きやすく、茶か黒ならビジネスマンも履けますし

    http://therakejapan.com/tokyo/japan/20150925/105/

    モンキーブーツは足先まで紐で調整できるし、最近雑誌でもよく見るようになりました。

    ブリティッシュの靴は歴史が長いだけあって色々なものがありますね。

    • shoe republic より:

      アリマさん、モンキーブーツはちょっと独特なデザインですが、うまい具合にブリティッシュに落とし込まれていて素敵なブーツですよね。
      使う革や細かい仕様で、なかなか上品な靴にもなりますから、ぜひお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ