アーカイブ

半休&ポニークラブへ

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日は、急遽午前中をお休みにして、ウチの小学生の娘が週末に行っているポニークラブへ行ってきました。

ウチの娘は今年の4月からポニークラブへ通い始め、もう半年くらい経ちます。

なのに、私はまだ一度も見学に行ったことがなくて、さすがに娘に申し訳ないので、今日行くことにしました。

ポニークラブとは、お隣の茨城県の古河市にあるネーブルパークの中にある施設で、いわゆる上流階級(?)の方々の乗馬とは違って、ポニーたちのお世話から始まって、地域に貢献するサークルのようなものです。

指導をしてくださる先生と、子供たちとで運営しています。

子供たちは、いくつかのグループに分かれていて、ポニーに乗れる日とお世話をする日、そのほかにイベントなどのお手伝いをする日などがあるようです。

私は以前に一度だけポニークラブのバーベキューにお手伝いに行ったことがあって、先生たちも子供たちもとても雰囲気が良いという印象があります。

 

ポニークラブ

春には桜が満開になるというネーブルパークですが、今日は寒々しかったです。

ポニークラブ

そのネーブルパークの中には、このようにポニーたちがいます。

ポニークラブ

朝礼が終わり、子供たちはそれぞれの持ち場へ行き、自分の仕事を自ら探して働いています。

ポニークラブ

ここにいるポニーたちは、とっても幸せそうに見えます。

ポニークラブ

ここにいるポニーたち。

みんなそれぞれ性格が違って、一頭一頭を観察しているととっても面白いです。

ちなみに、こちらが最年長のルイス。

ポニークラブ

1984年生まれで、人間でいえば90歳くらいに相当するそうです。

じつは、ちょっと前にこのルイスが急に体調を崩し、先生たちが交代で泊まり込んでルイスの様子を見守っていました。

子供たちもみんなルイスのことが心配で、学校から帰ってきてからポニークラブに様子を見に行く子もいたようです。

でも・・・、

ポニークラブ

幸いなことにルイスは体調がだいぶ回復し、ご飯も食べられるようになったようです。

よかった、よかった。

ポニークラブ

こちらは、きんちゃん。

ひとりで「ヒヒーン、ブルブルブル・・・」

と言っていました。

ポニーって、思っていたよりも大きな子もいれば、このきんちゃんはちょっと大きな犬程度しかありません。

いや、それはちょっと極端ですね。

もう少し大きいです。

 

普段、職場に行って仕事をするような生活だと、なかなか動物と触れる機会がありません。

でも、このポニークラブでは、まるでポニーたちが家族であるかのように同じ時間を過ごすことができ、口がきけないポニーたちのお世話をし、たくさんのことを学べます。

動物って、人間を癒すためのものではなく、共存するべきものであるはずです。

そんな、単なるペットとの違いも実感できる場所なのだろうと感じました。

 

次のイベントは、12月3日(土)と4日(日)にRifare大阪店さんにて開催の予定です。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ