アーカイブ

ウェルティング

カテゴリー: @ Work:アットワーク


今日は夕方からウェルティングの作業をしました。

こうして主だった作業をご紹介していると、靴作りがとっても簡単だと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

実際にはひとつの作業を行う前に下準備がたくさんあります。

今回の作業では、ラスティングをしたあとにつま先のトリミングをして、その後に糸に松脂ベースのワックスを塗り、

糸の先にブリストルを作るなどの準備がありました。

そんな準備を経て、作業開始です。

ウェルティング

オウル(すくい針)で下穴を開け、

ウェルティング

ブリストルの付いた糸をこっち側と、

ウェルティング

あっち側から通し、

ウェルティング

糸をギュッと締めるという作業の繰り返しです。

つま先の部分はピッチが細かくなってしまうため、リブが裂けないように補強のための糸をかませます。

そうして縫い上がったのがコチラです。

ウェルティング

糸作りやブリストル作りを含めて、両足で2時間半ほどの作業でした。

毎回書いていますが、ウェルティングは正確であることが強度に直結しているため、均一の力加減でピッチが揃っていて、そしてラインが正確であることがとても重要です。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ