アーカイブ

カドを立てます

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

フェザーエッヂ

こちらの靴は、ちょうどラスティングが終わったところなのですが、 正確に言うとラスティング完了までは、もうひと工程あります。 それは、 このフェザーエッヂ(カド)をしっかりと立てることです。 現状ではこんな感じ。 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、このカドがどんなふうになるのかご覧ください。 まず、靴づくり、特に日本の靴づくりではよく用いる作業で、実際にやってみるとみんなが驚く「叩く」という作業…

… 続きを読む

久しぶりのブーツ

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ギブソンブーツ

外出する用事があって、久しぶりにこのブーツを履いてみようと思い、何も考えずに履いて出かけたところ、 何となく違和感がありました。 ゴワゴワしているというか、パサパサしているというか、簡単に言ってしまえば革が乾いている感じ。 考えてみればこのブーツ、手入れしたのいつだろう? いや、時々しているけれど、前回履いたのいつだろう? そんな感じです。 このブーツの革は、あいなめしといってタンニンなめしをベー…

… 続きを読む

豪雨に遭遇

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

馬

今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。 午前中には、浅草へ行って材料の仕入れなどを済ませ、帰宅するや否や別の用事で家族と一緒に群馬県の前橋市にある群馬県馬事公苑に行ってきました(仕事ではありません)。 前橋市と言ってもこの群馬県馬事公苑は市街地からだいぶ外れた赤城山の山麓にあり、たぶん冬は寒いだろうなぁって思えるようなところですが、今の季節はむしろ蒸し暑いくらい。 ですが…

… 続きを読む

ストレートキャップ

ストレートキャップとかストレートチップなどと呼ばれるこのデザイン。 私はイギリスの学校でストレートキャップと習ったのでそのままそう言っていますが、つま先に直線的なキャップがあるデザインのことです。 ストレートというくらいですから、さぞかしまっすぐなラインだと思いきや、じつは・・・、 多少カーブしています。 言葉のアヤと言えばそれまでなのですが、本当にまっすぐだと思っている方がいらっしゃるようなので…

… 続きを読む

UKサイズ

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ラスト

靴をオーダーするときには直接的に関係ないことなのですが、参考までに知っておいていただきたいこととして、日本とイギリスでは靴のサイズの表記が異なる件があります。 日本では靴のサイズはセンチで表記しているのに対し、イギリスの靴はインチを元にした特別な表記になっています。 あまり馴染みがないことなので、間違わないように気を付けましょう。 センチとインチは全然違うので、当然ながらピッチも異なります。 その…

… 続きを読む

仕様を変える

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ギブソンシューズ

先日、ネット上で面白そうなクルマを見つけました。 RenaultのKWIDというモデルです。 主にインドで販売されているようですね。 昔から私はルノーのクルマが好きで、ディーラーさんがもっと近くにあったら一度乗ってみたいと思っているメーカーです。 そんなルノーのKWIDですが、残念ながら日本には正規では入っていません。 なぜだろうと思って調べてみると、安全性に問題があるようです。 問題というとちょ…

… 続きを読む

ラストの調整の話

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ラスト調整

余談ですが、私は普段は裸眼で過ごしているのですが、時々メガネを必要としています。 クルマを運転するのには裸眼で十分に問題ないのですが、少々乱視気味で普通に生活していて目が疲れてしまうのです。 なので、乱視用のメガネを数本所有しています。 メガネを作るときには、ご存知だと思いますが、眼科で処方箋を書いてもらうケースと、メガネ屋さんで視力を測って作るケースがありまして、私はいつも後者の方を選んでいます…

… 続きを読む

ラスティング

10年後に無くなる仕事とか、AIの普及で仕事がなくなるなどと言われていますが、 靴を作る仕事もAIを装備した機械にとってかわるのかということを考えてみたところで、先のことはわかりません。 でも、少なくとも今現在の技術では、ラスティングに関して言えば手作業の方が圧倒的に良いものが上がります。 私もかつてトゥラスター(つり込みの機械)を使って靴を作る仕事をしていた経験がありますが、機械の構造や動きから…

… 続きを読む

靴ヒモ

こちらは、私たちシューリパブリックがお勧めするギブソンブーツです。 このギブソンブーツの靴ヒモが、思いのほか長いと思った方、いらっしゃいませんか? 通常、3穴のチャッカブーツで75センチ、5穴のギブソンシューズで80センチほどの靴ヒモを使っているのですが、 7穴(そのうち、最も上の穴は通していない)のギブソンブーツでは110センチの靴ヒモを使います。 こうして見てみても、ちょっと長いかも?って思い…

… 続きを読む

ハンドソーンウェルテッド

私たちシューリパブリックで製作するオーダーメイド靴は、主にハンドソーンウェルテッドという製法で製作しています。 「主に」というのは、時々企画モノとして違う製法で製作することがあるからなのですが、 普通にお客様からご注文を頂いて製作する靴は、すべてハンドソーンウェルテッドです。 ちなみに製法とは何かといいますと、とっても簡単に言ってしまえば、靴の上物と底をどのようにくっつけるかということについて分類…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ