革

在庫の革の残りが少しずつ少なくなってきて、もうあと1足ほどになった時には、ダブルブッキングのないように念のためリストから外して倉庫の中に保管しておくのですが、そんな革が結構溜まってきたので「幸運のラストワンプラン」として格安でご注文をお受けしています。 今回ご紹介する革はこちらです。 皆さんきっとご存知だと思いますが、イギリスの有名タンナーのチャールズ・F・ステッドの革で、WAXY KUDUといい…

… 続きを読む

イベント

定期的に開催している長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントです。 今回は、来週末の12月3日(土)と4日(日)に開催です。 このイベントでは、お越しいただいたお客様の足を計測して、足の特徴や足に合った靴のサイズ、もしくは足に合いそうな靴をお伝えしたり、足や靴の問題を一緒に解決していくというものです。 さらに、もしご希望があるようでしたらオーダーメイド靴のご注文も承ります。 これまでにお取…

… 続きを読む

革

在庫の革の残りが少しずつ少なくなってきて、もうあと1足ほどになった時には、ダブルブッキングのないように念のためリストから外して倉庫の中に保管しておくのですが、そんな革が結構溜まってきたので「幸運のラストワンプラン」として格安でご注文をお受けしています。 今回ご紹介する革はこちらです。 ちょっと深めのグリーンの革で、よくみるとちょっとまだらな仕上がりのものです。 表面の感じは、シボというほどのもので…

… 続きを読む

サドルカーフ

今日、月が替わったのでカレンダーをめくったら、なんと残り1枚になってしまいました。 今年もあと2か月なんですね。 あっという間に2022年も終わってしまいそうです。 コロナの制約が小さくなったとはいえ、やっぱり今年もいろいろあって大変でした。 みなさん、お疲れ様です。 そして、私たちシューリパブリックで在庫しているデュプイの革もこれが最後になりました。 今回の企画が、私たちシューリパブリックがご提…

… 続きを読む

雨の日でも

昨今の物価の上昇により、以前にご案内させていただきました通り、2023年1月ご注文分よりオーダーメイド靴、および修理代金の価格の改定をさせていただく予定です。 主な価格の詳細は以下を予定しております。(すべて税込) 〇ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴  旧価格 110,000円  新価格 116,600円 〇オプションのフルブローグ仕様など(メダリオン+親子穴)  旧価格 5,500円 …

… 続きを読む

サドルカーフ

一昨日に続き、企画商品のご案内です。 もう最近は円安や物価の上昇、そしてまだ安心できない新型コロナに世界情勢など、気持ちが落ち着かない日々が続いています。 なんというか、心の底から安心できないんですよね。 そんな毎日が続いているので、ぜひ皆様に少しでもワクワク感を味わっていただきたいと思いまして、急遽新しい企画商品を発売することにしました。 題して「ワクワク!パーフォレ企画」です。 パーフォレとは…

… 続きを読む

革靴

こちらの私が履いている靴は、いつものハンドソーンウェルテッドの靴ではなく、違う製法で作ったものです。 以前から私はソールの硬い革靴を履いて歩くことで、足元から健康になりましょうということをお伝えしてきました。 そのメカニズムは・・・、 ソールの硬い靴を履いて歩くことで、鍛えられながら外からの刺激を吸収できる足が構築され、しっかりと機能する足になるということです。 ソールが柔らかいスニーカーなどを全…

… 続きを読む

革

その前に、今日は1点お知らせです。 昨今の物価の値上がりの関係で、私たちシューリパブリックでも2023年1月ご注文分より、靴の価格の見直しをすることにいたしました。 どれくらいの値上げになるのかは、現在諸々の材料を入荷しているタイミングの為、それらの価格の上昇を確認したうえで決めさせていただきたいと思います。 実際に、ほぼすべての材料が値上がりしているので、今回の値上げはちょっと大きくなるのではな…

… 続きを読む

革

在庫の革の残りが少しずつ少なくなってきて、もうあと1足ほどになった時には、ダブルブッキングのないように念のためリストから外して倉庫の中に保管しておくのですが、そんな革が結構溜まってきたので「幸運のラストワンプラン」として格安でご注文をお受けしています。 今回ご紹介する革はこちらです。 やまぶき色のELBAMATTです。 ELBAMATTという革は、これまでにたくさん使ってきていまして、実際にこの革…

… 続きを読む

フォーマルプラン

イギリスのチャールズ新国王の靴は、もうすでに40年を超えているという話をご存じの方も多いかと思います。 ジョンロブの靴で、修理をしながらずっと大切に履いているそうです。 永い年月の間にはどうしてもアッパーはシワの部分から傷んでしまうわけですが、それを修理した証としてパッチが貼られており、そのパッチをチャールズパッチと呼んでいるのだとか。 私たちシューリパブリックでも、さすがに40年は難しいとしても…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ