アーカイブ

try gibson boots

カテゴリー: Message:伝えたいこと

ギブソンブーツ

お客様から、 「こちらでは、ブーツがお勧めなんですよね?」 と言われることが多いのですが、 本当のところは、確かにお勧めではありますが、そればかりではないといったところです。 ギブソンシューズもオックスフォードも、みんな同じようにお勧めしています。 ですが、時々「ブーツは履いたことがないけれど、何となく面倒くさそうだから・・・。」とおっしゃる方がいらっしゃって、 そのような方には、ぜひ一度ブーツを…

… 続きを読む

スウェード気分

カテゴリー: Leather:革入荷情報

スウェード

まず、昨日ご案内させていただきました「雨の日&出張用の靴」に関しまして、 さっそくたくさんの方からご予約やお問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。 どちらかというと、濃い赤茶色の方が人気のようで、こちらの革は検討中の方も含めると残りがあとわずかとなっています。 製作のスケジュールの都合で、数に枠を設けさせていただいておりますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。   さて…

… 続きを読む

ギブソンシューズ

昨年、企画商品としてご注文を受け付け、思っていた以上のご注文を頂きました「雨の日&出張用の靴」ですが、 今年もまたご注文を受け付けたいと思います。 今年のデザインは、ギブソンシューズにしました。 サンプルの製作が間に合わなかったので、過去のお客様の靴の写真を使わせていただきました。 ギブソンシューズは、日本で言う外羽の靴のことで、上の写真のようなデザインのものです。 今年の仕様は・・・、 〇プレー…

… 続きを読む

一宮

今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。 ここ最近は出張があったりイベントがあったりして、なかなか休みでも何かしら仕事をしていたようなことが続きましたが、今日は完全にのんびりできるお休みでした。 午前中には、先日作ったメガネの度数がいまいち合わないので、調整をしてもらいに行ってきました。 最近よく見かけるjの方の店舗ですが、対応してくださった方が事務的というか、あっさりして…

… 続きを読む

パターン

昨日、打ち合わせのために、一宮のRe-TAiLさんを訪れました。 一宮は昔から尾州繊維の産地で、たくさんの織物の工場があったそうです。 その絡みもあって、Re-TAiLさんにもたくさんの生地があり、私はたくさんの素材に囲まれた場所に行くと、とっても嬉しくなります。 服のパターンが作れて、服を縫うことができたら、どんなに楽しいことだろうって思います。 私は靴のパターンを作ることはできても、服のパター…

… 続きを読む

リテイル

昨日までRifareさんの大阪と名古屋栄の店舗で1日ずつイベントを開催し、今日は打ち合わせのために一宮に行ってきました。 まだご存じない方もいらっしゃることと思いますので、簡単にご案内させていただきますと、 11月11日(土)と12日(日)に愛知県一宮市のリテイルさんにて、モノ作りに関したイベントを開催します。 私たちシューリパブリック主催なので、今はその準備を進めているところです。 イベントサイ…

… 続きを読む

リファーレ

今日は、Rifare名古屋栄店さんにて、足の計測会&靴のオーダー会のイベントです。 これまで恵比寿店、大阪店、自由が丘店にてこのイベントを開催してきましたが、今回時初めて名古屋栄店にて開催になります。 名古屋栄店は、その名の通り名古屋市の栄にありますが、厳密に言えばあの観光地としても有名なテレビ塔からすると南西の方向になります。 繁華街の栄からすれば、少し落ち着いていてちょっとだけ静かな場所にあり…

… 続きを読む

ギブソン

今日は、Rifare大阪店さんにて足の計測会&靴のオーダー会の日です。 そのため、朝早く自宅を出て、大阪へと向かいました。 大阪は、埼玉に比べてやや湿度が高く、蒸し暑かった・・・。   多少早めに到着し、準備をしてお客様が来てくださるのを待っていると・・・、 早々に、足の計測希望のお客様が来てくださいました。 とっても靴に関心をお持ちの方で、リファーレさんのブログや、私たちシューリパブリ…

… 続きを読む

身体全体が載る靴

カテゴリー: Message:伝えたいこと

スクライバー

私たちは一般的には靴を履くと言います。 手袋をはめるように、靴下を履くように、同じような感覚で靴を履くと言いますが、よくよく考えてみればそれは単に靴を履くその瞬間だけのことで、 靴を履いた以降の歩いているとき、走っているとき、もしくは立ち止まっているときは、靴を履いているというよりも靴に載っているという方がもしかしたら正しいのかもしれません。 私はよく靴とクルマの関係を例に出しますが、どちらも人間…

… 続きを読む

ウェルティング

以前からハンドソーンウェルテッドの靴はスバラシイということをお伝えしてきました。 たぶん、それはこの先何年経っても変わることのない事実です。 構造と、その構造がもたらす履き心地や安心感、そして履いていて嬉しくなるのは、ハンドソーンならではのことです。 そのハンドソーンウェルテッドですが、これも以前からお伝えしている通り、ちゃんと作られていないと意味がありません。 何でも構わないからそれらしきものを…

… 続きを読む

<<    |   >>

↑トップへ